titleスポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告
トラックバック(-) | コメント(-)

titleソフビも暑さでとろけそうです 

ふと気になってソフビがとろけるにはどのくらいの熱を加える必要があるのか調べてみました。
どうやらソフビの材料であるPVCを溶かすには180度~205度の熱を加える必要があるようです。


などとどうでもいいことを調べてしまうくらい、暑い日です。


というわけで、その暑い夏を自宅のクーラーを使わずに乗り切ろうという企画でございます。
実際に我が家では4年ほど前から自宅のクーラーをつけておりません。(正確には試運転として年に1度だけ電源を入れますが・・・)


まず平日の昼間は、会社に行けば寒いほどクーラーが効いているので自宅のクーラーを使うことはありません。
また、休日の昼間は、図書館、ネットカフェ、温泉、餃子の街のデパート、カラオケボックスなど、タダまたは格安の値段で涼しさを得ることが出来ますのでこういう場所を効果的に利用するか、水風呂に入ってからだが冷え切っているうちにさっさと昼寝をするというのが定番です。


さて、問題は平日、休日問わず夜なんですね。
夕立が降ってくれればまったく問題がないのですが、降らない、または短時間で雨が上がってしまったときにどう過ごすか、これが問題なわけです。
特に短時間で雨が上がったときの蒸し暑さは、他にたとえる言葉が浮かばないくらいイヤな気分になれます。
背中や首筋を伝っていく汗が、不快指数をさらに押し上げていきます。


そこでまずは扇風機ですね。扇風機くらいは使います。ただし【弱】で使っています。
結婚当初(2000年)から使っている扇風機なのでそれ以上にすると風切音がうるさいってのが理由です。
そして家での正装「Tシャツ&トランクス」に変身します。だれも見ているわけでもなし、見せても減るわけでもなし、まったく気になりません。
それで済めば御の字ですが、それ以上に暑いときは、Tシャツを脱ぎまして、濡れたタオルを肩に乗せて背中から扇風機を当てます。タオルの水分が気化熱を奪って寒いほど涼しくなります。


そして寝るときですね。寝るときに濡れタオルをやると、確実に風邪を引きますので一工夫します。
手足にハッカ油(Mentha Oil:本品はハッカMentha arvensis Linne var. piperascens Malinvaud (Laviatae) の地上部を水蒸気蒸留して得た油を冷却し,固形分を除去した精油である.本品は定量するとき,メントール(C10H20O:156.27)として30.0%以上を含む.【第十四改正日本薬局方 名称データベースより引用】)を水に混ぜたもの(水200mlに対してハッカ油3~4滴ほど)を軽くスプレーします。ハッカの清涼感とかすかな香りがあいまって、心地よい眠りに入ることが出来ます。
この状態で扇風機をかましてやると、さらに冷却効果が上がります。
そこに冷凍庫に常に入れてある、ペットボトルに水を入れた氷のボトルをタオルにくるんで抱え込んで寝てしまえばとりあえず眠れます。
この氷は非常時には飲料水として利用することも出来て、お得です。


それにしても・・・暑い・・・。


夏を快適に過ごすためのグッズ達


スポンサーサイト

暑いのももう暫く・・・がんばりましょ~♪。
今日は涼しげな画像載せときました~。
[ 2007/08/12 08:52 ] -[ 編集 ]

>mimi様

そうですね。
お盆過ぎれば、残暑ですからね。もうすぐですよね。
画像みましたよ。
少し生き返りました。
[ 2007/08/12 21:52 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bityes.blog62.fc2.com/tb.php/397-45950eb9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。