titleスポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告
トラックバック(-) | コメント(-)

title周辺ドライブ(七福神編) 

今日は天気もよかったので、周辺をドライブしてきました。
地元の七福神を祭っている寺社と、商店会がタッグを組んで、イベントをやるというのでいってきたわけです。


私自身は無神論者というか、「俺が神様だ」くらいのことを言いかねない人ですが、昔から信仰されているもの、祭られているもの、言い伝え、伝説、などは、何か意味がある、何かを象徴している、として一目おくことにしています。


また、一般的な確率を超えて起こる偶然にも、何かの意味がある、として考えることにしています。


事の発端はこのイベントチラシです。
夜寝る前に枕元においてあったはずの2つ折りのチラシが、朝にはかみさんが敷いて寝ていました。
布団に対してまっすぐにチラシが敷いてあり、そのうえにまっすぐグースカ寝ているかみさんを見て、おもろいなぁと思ったんです。チラシも開いてあるだけで、どこにも折り目がなく、きれいな状態でした。
ま、無理やりですが、一般的な確率を超えた偶然と判断し、行くことにしたわけです。


とりあえず予備知識でも仕入れますかね。いつものwikiです。
神様の単位は「柱」、どうでもいいことをまずは覚えました。




七福神(しちふくじん)とは、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神である。
七福神一般には恵比寿、大黒天、毘沙門天、寿老人、福禄寿、弁財天、布袋の七柱の神とされる。

だそうです。ま、今後もソフビをたくさん仕入れることにもなりそうなので、お参りしておけば、なんかの足しになるくらいのきもちですわ。

まずは弁財天。



弁才天(べんざいてん)は、仏教の守護神である天部の1つ。ヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー(Sarasvatī) が仏教あるいは神道に取り込まれた呼び名である。経典に準拠した漢字表記は本来「弁才天」だが、日本では「才」が「財」の音に通じることから財宝神としての性格が付与され、「弁財天」と表記する場合も多い。本来、仏教の尊格だが、日本では神道の神とも見なされている。弁天とも言われ、七福神の一員である。仏教においては、妙音菩薩(みょうおんぼさつ)と同一視される事がある。【出典wikipedia】
七福神唯一の女性の神様ですな。財宝ですか。いいですね、私にとっての財宝、それはソフビ。
DSCF0062.jpg
この写真をとった直後にデジカメの電池が切れ、電池を買いに、近くのスーパーに飛び込んだら、ギャレンのジャックフォームが新品で半額で売っておりまして、つい買ってしまったのはかみさんには内緒。  

 


次は大黒天。



大黒天(だいこくてん)は、天部と言われる仏教の守護神達の一人で、元々はヒンドゥー教のシヴァの憤怒の化身。本来はマハーカーラといい、マハーは「偉大な」、カーラは「時」もしくは「暗黒」を意味し、「大暗黒天」とも呼ばれる。青黒い身体に憤怒の表情をした神であった。日本においては、七福神の一柱の大黒様として知られている。神田明神の大黒天像当初の大黒天は、破壊と豊穣の神として信仰され、後に豊穣の面が残り、食物・財福を司る神となった。
破壊の神様でもあるんですね。破壊と創造は紙一重ですから、まぁ納得。私にとっての福財は、希少価値のあるソフビ。または、安売りしているソフビ。
DSCF0070.jpg

 


 次は恵比寿。




現在では一般に七福神の一員としての福の神であるとイメージされるが、それは中世以降の信仰で、由来をたどると非常に複雑な経緯を持つ。実は、えびすを称する神は複数あって、イザナギ、イザナミの子である蛭子命(ひるこのみこと)か、もしくは大国主命(大黒さん)の子である事代主神(ことしろぬしかみ)とされることが多い。そのため、同じえびすを祀る神社でも、場所によって神は異なっている。また、少数であるが、えびすを少彦名神や彦火火出見尊とすることもある。
商売繁盛の神様ですな。Tシャツが売れますように・・・。
DSCF0071.jpg

 


 


次は布袋尊。



布袋尊(ほていそん)とは、日本では七福神の一柱であるが、元来は中国唐末の明州(浙江省)に実在したとされる異形の僧・布袋(ほてい)のことである。本来の名は、釈契此(しゃくかいし)であるが、常に袋を背負っていたことから付いた俗称である布袋という名で知られる。
もとは人間なんですね。人間から、神様に昇格したってのはなんだかすごいお人です。あの袋にソフビやsicが詰まっていたら・・・。
DSCF0073.jpg


 


 


次は、寿老尊。



寿老人(じゅろうじん)は道教の神で南極老人星(カノープス)の化身でもある。酒を好み赤い顔をした長寿の神とされ、日本では七福神の一人として知られているが、福禄寿はこの寿老人と同一神と考えられていることからかわりに猩猩を入れたこともあった。
猩猩はもののけ姫にもでてきましたな。オランウータンみたいなやつ。長寿の神様ですな。
あまり長生きはしたくないですが、短命なのもイヤです。適当に長生きを。年金がもらえるくらいの年までは生きてみたいものです。
そういえば、改造人間の寿命ってどのくらいなんでしょう?
DSCF0077.jpg


 


 


次は毘沙門天。



毘沙門天は四天王の1つとして須弥山の北方を守護するとともに、中央アジア、中国、日本など広い地域で独尊像として信仰の対象となっている。日本の民間信仰においては七福神の1つにも数えられている。日本においては、四天王の1体として造像安置する場合は「多聞天」と呼び、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶのが通例である。日本では俗に勝負ごとの神とされ、七福神の1つとして庶民の信仰を集めてきた。
勝負運の神様ですか。うん、「人生は常に勝負」の私にとってはいい神様ですな。かみさんとも毎日が勝負ですし・・・。これは負けることが多いですが。
DSCF0078.jpg

 


最後は福禄寿。



福禄寿(ふくろくじゅ)は、七福神の一つ。道教で強く希求される3種の願い、すなわち幸福、封禄、長寿の三徳を具現化しものである。宋の道士天南星の化身や、南極星の化身(南極老人)とされ、七福神の寿老人と同体、異名の神とされることもある。 福禄人(ふくろくじん)とも言われる。
星の化身ですね。ま、何よりも「幸福」なのが一番。明日の飯に困らず、とりあえずソフビがいじくれる環境に感謝します。
DSCF0079.jpg

 


これを全部回ると、交通安全ステッカーをもらえます。しっかりと2枚もらってきましたので、明日にでも車に貼ることにします。


ご利益かどうかはわかりませんが、全部回りきった後に、体が軽くなった感じがしました。
普段の穢れというか、悪いものが全部出て行ったんでしょう。
さて、これから、私はマンガ喫茶6耐にチャレンジです。がんばってきます。


仮面ライダーセブンスターなんてどうでしょ。
七福神をモチーフに、ライダーの名前は、インドの名前とか、英語とかうまく使えば・・・。
井上さん、いかがですか?

スポンサーサイト

セブンスター

と聞いて、どうしても煙草の方を思い出す自分はスモーカーです。
でも、井上氏なら案外やってくれるかもしれませんよ!?
仮面ライダーマイルドセブン、ラーク、フィリップモリス、マールボロ、キャスター、チェリー等々、いくらでも名前が出てきそうです。
子供向け番組なのに、JTと提携して、大人向けライダー・・・とか・・・自分で言って気が遠くなってきました(汗
[ 2006/09/04 16:26 ] -[ 編集 ]

>檻様

思わず吹き出しました。
いいかも、それ。
PTAからは非難轟々でしょうね。

タバコは以前は吸っていたこともありますが、今は3日に1本とかくらいしか吸わなくなりました。
体が拒否しているみたいです。
[ 2006/09/04 18:48 ] -[ 編集 ]

なにやら

ありがたい方々がいっぱいv-10
おがみますぇ。
[ 2006/09/09 09:55 ] -[ 編集 ]

>ren様

拝んでくだせぇ。
私もこのブログを訪問していただいている皆様の幸せをお祈りしてきましたよ。
[ 2006/09/09 13:42 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bityes.blog62.fc2.com/tb.php/142-51d013f2


南極星南極星(なんきょくせい)とは、天の南極またはそれに非常に近い位置に存在する明るい恒星のことである。北極星と違い、2006年現在これに該当するものは存在しない。はちぶんぎ座の中に天の南極が存在するがこの星座自体は暗い星ばかりで構成されている。地球の歳差|
[2007/07/27 13:38] URL 天文・宇宙を知る




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。