titleスポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告
トラックバック(-) | コメント(-)

title555(ファイズ)完成(ソフビ改造計画)Ⅲ 


さて、お待たせいたしました。ソフビ改造計画でございます。続きですね。
こないだは、たしか・・・
DSCF0074.jpg
Photo by (c)Tomo.Yun  URL:http://www.yunphoto.net 
背景画像は、「ゆんフリー写真素材集」様のをお借りしています。


5「きゃはは~待って~」
G「早くしないとおいてっちゃうぞ~」
5「もう、ぷんぷん」


ではないですね。555のソフトビニール人形を切り刻むところですね。


まず、切る前によーくソフビを洗います。汚れを落とすのと、薬品などを落とすためです。
昔、プラモデルを作っているときに覚えたんですが、接着剤ののりがよくなるんだそうです。
ちなみに555とは一緒にお風呂に入りました
で、切っていきます。



555はちょっと特殊です。赤のモールドがありますので、気をつけましょう。例えば上のG3は膝の裏を切り落としただけですが、555の場合はモールドを残して全て切り取りました。
要は、膝の裏を切り取れば、膝が曲がるということです。こんな風にしました。
DSCF0019.jpg
で、今回はスーツに接着剤をつけたくなかったので、膝小僧のパーツの裏を細く残し、針金素体に通せるようにしてみました。
DSCF0046.jpg
上半身はこんな感じ。手前にあるワッカみたいなのは、胸パーツの、腕が入る部分を広くするために削りました。このほうが、腕がよく動きます。
胸パーツの横っ腹を立てに切っておきます。
で、切った表面をきれいにします。こんなふうに。
DSCF0026.jpg
電動ドリルにやすりをつけて、削るだけです。耐水ペーパーとか使うと、もっときれいに仕上がるんでしょうが、面倒なんで・・・。


続きありますよ~。下のほうの[READ MORE...]からどうぞ



ご迷惑をおかけすることはありません。上から順番にクリックしていってください。クリックするだけはただですから。
ひょっとしたら、面白い内容の商品があるかもしれませんよ。
でも、クリックしたら、戻るボタンでまた戻ってきてくださいね。

この記事を評価してください。明日の活力になります。

DSCF0044.jpg
で、あとは切り取ったパーツをバシバシと着せていきます。


おそらく一番苦労するのはベルトです。写真のとおり、スポンジでかなり足を太くしたので通らないんです。赤のモールドがなければ、上から通すというやり方でもいいんですが、これは絶対に下から入れなくてはなりません。


で、どうするかというと、ドライヤーです。ソフビの素材は熱でかなりやわらかくなります。ドライヤーを当てながら一気に通します。マンセー、もといバンザーイ。通りました。そしたら、足も履かせてみましょう。ぎゅっと無理やり押し込んで下半身の完成です。


次は上半身です肩パーツを腕に乗せます。で、それを押さえ込むように胸パーツをかぶせてやります。そしたら、胸パーツの横っ腹を瞬間接着剤で止めてしまいます。このとき腕が抜けるようなら、腕パーツの胸に入り込む部分にも瞬間接着剤を塗って、止めてしまいましょう。若干動きが規制されますが、抜けるよりはましです。


で、ここまでくればラストスパートです。
頭の部分の針金を曲げ、円形にして、スポンジを巻き、ビニールテープで筒状にします。
頭をかぶせます。


よく、足や手を揉んで、スポンジを滑らかにしたら、ハイ出来上がり。


あとはリペイントするなりしてください。555は何もしていませんが、アギトバーニングやG3はスミ入れをしています。といっても、水性ペンで色塗ってティッシュでふき取るだけですが。


555一丁あがりってな具合です。


この加工については足首と手首の稼動ができません。また、コメントをいただいたのですが、針金が折れた際も、簡易修理はできません。針金素体を作り直すことになります。なれると、約1時間もあればできるようになります。


手首、足首の稼動については研究中です。もう少しお待ちください。


さーて、次はクウガだ。
DSCF0030.jpg
その後はこいつにします。
DSCF0065.jpg

エクシードギルス。背中のうねうねも何とか稼動させようと思います。ビーズ細工の要領でやれば何とかなると思っていますが付け根の部分はどうしようか、考えています。


スポンサーサイト

こんばんわ。

コメントありがとうございますm(__)m。

なにやら、ものすごい手の込んだことをなさっているようで。僕にゃぁ出来ないようなことなんで、すごいなぁと思いながら読ませてもらってます。

今後も、色々と制作のほう頑張ってください。また驚きを体験しにちょくちょく訪問させていただこうと思っています。
[ 2006/04/14 23:01 ] KpwUaHgc[ 編集 ]

なるほど、中の人は使い捨てなんですね(違

手首足首の可動ですが、俺も愛用してる「関節技」なんてどうでしょう。こいつを仕込むには、足首のとこで切断して脛側と足側にABS製のパーツを固定しなきゃなりませんが・・・。瞬間接着パテ(アルテコ)でどうにかならないでしょうか。可動部分の隙間はスポンジを巻くとして。
まぁ何にせよ、ソフトビニールという素材を扱ったことが全く無いため、この意見は見当違いである可能性が高いですが(’’;
[ 2006/04/16 00:06 ] YeLoqIeE[ 編集 ]

中の人は使い捨てです

そのとおりです。中の人は使い捨てです。コストが安いんで、気兼ねなくポイってできます。
関節技試してみます。近くに模型店がないので、餃子で有名な街までいかにゃなりません。そのくらい田舎に住んでいるんです。

今はパテも瞬間ですが、時代の流れは恐ろしいものです。以前にパテを使ったときには乾くまでに何時間も待っていた覚えがあります。
[ 2006/04/16 07:02 ] -[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bityes.blog62.fc2.com/tb.php/14-f46d6582






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。