titleスポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告
トラックバック(-) | コメント(-)

title555ブラスターフォームの苦悩Ⅲ(ソフビ改造計画) 

さて、苦悩はしていますが、相変わらず「蒸着」の復習は続けています。


いずれにしても、555ブラスターフォームは週末までお預けなので、スーツの研究をすることにしました。


スーツを根本的に見直すことにしました。


今までのスーツはここを参照してくださればわかると思いますが、いかにもミシン初心者がつくったような、直線縫いだけで形を作っているものです。


今回見直したかったのは、「人間には肩がある」ってことなんです。それから首があるってことですかね。


お手持ちのTシャツの肩を見ると腕と、前身ごろの間に縫い目が入っていますね。
これを私の作るスーツでも実現したいと思ったわけです。
しかしながら、私の技術ではとうてい無理な話です。それなので・・・・、


 


早速鬼のご機嫌取りに入ります。晩御飯に頂き物のたけのこを使ってチンジャオロースと、これまた頂き物のたらの目のてんぷらを作り、お茶まで入れて・・・・・・コンビニに買い物に走り、買収完了(ニヤリ)


で、作ってもらいました。
DSCF0333.jpgDSCF0335.jpg


左が新スーツ、右が旧版です。生地には合皮を使用しています。
左には針金素体を入れてしまったので、ちょっとわかりづらいと思いますが、肩に縫い目が入っているのがお分かりでしょうか?


ずいぶんリアルさが増したような気がします。っていうか増してくれないと私の苦労が無駄になります。
さぁ、これを使って555を完成させるべく、生地を手に入れてきます。


 




 


宇宙刑事魂」、何とかなりそうです。鬼があきれて根負けしてきました。
変身ポーズで攻めまくります。蒸着しますよ、マジで。

この画像はイーエストイズの画像を利用しています。クリックすると購入ページにジャンプしますので納得してから、クリックしてください。
どうですか?かっこいいと思いませんか。



この記事を評価してください。誰がいつ評価したかわからないようになっていますので、お気軽に評価してください。明日の励みになります。

あまり関係ない続きあります。下の「続きを読む」からどうぞ。

スポンサーサイト

title555ブラスターフォームの苦悩Ⅱ(ソフビ改造計画) 

腰、痛めちゃいました。


昨日、あまりに興奮しすぎ、蒸着を1時間ほどやり続けていまして・・・。


年には勝てないな~と・・・。


で、今日はおとなしく、555の製作にかかります。


スーツの製作は終わっているので、今日は針金素体(通称「中の人」 命名者トゲ様)から作ります。
以前にも写真を載せたことはあるんですが、今日は詳細を。
DSCF0038.jpg
こんなアルミ製の針金を用意します。
左から、23~24センチ×2本(A)、18~19センチ(B)、15~16センチ(C)、9~10センチ(D)に切っておきます。結構適当です。そんなに神経質にならずに、ペンチかニッパーでぶつんと切ってしまいましょう。どうせ、巻き方で長さなんて調整できますから。


で、人型にしていきます。まずを折り曲げ、の1本を沿わせて、捻ります。
DSCF0330.jpg


もう、1本も同様にして、きちんと捻ってください。
その後、ペンチで足先(写真でいうと左の方)を、よくつぶしてとがった部分をなくします。
怪我をしないようにすることと、スーツに傷をつけないようにするためです。
DSCF0331.jpg


そしたら、おまたの部分からを挟み込むように、を互いに捻ってやります。
で、いい感じの長さ(と同じくらい)にがなったら、に捻りつけていきます
DSCF0332.jpg
で、できあがりがこれ。
DSCF0040.jpg
ここにウレタンスポンジや、ビニールテープで、肉をつけてやります。
肉付けもマニュアル化したかったんですが、先日の響鬼装甲はやけに細かったり、アギトバーニングなんかはやけに太かったりで、一定しませんが、基本的には人間の筋肉のつき方になるようにスポンジを巻いて、ビニールテープで巻いてやります。
DSCF0069.jpg
これは作成途中です。もう少し、ヒップにウレタンを巻いたほうが、がっしりします。
見た目より、ソフビは細いですから、ボリュームが足りないかな?、くらいがちょうどいいと思います。


で、スーツを着せてやるわけですが、この辺でいろいろ実験した結果壊れた傘の生地が一番いいと思っています。(いやべつに壊れていなくてもいいんですが、金をかけてはいけないという自分に課した課題があるのもので・・・・。100円ショップとかの折りたたみ傘なんかはいいと思いますよ)
ですが、今回は本革を使用したんですがね、見事に失敗しました。


スーツをやっとの思いで着せ、パーツをはめ込んでいったのですが、パーツが入っていきません。仕方ないので、ウレタンを細く巻きなおし、もう一度やってみました。
そうするとスーツに変なしわがよってしまうんです。おそらく、生地に伸縮性がないのが原因であると思われます。


さっさとあきらめました。今度の週末に赤い生地(裏地の生地が傘の次に扱いやすいです)買ってきます。もちろん端切れですよ。そしたら、響鬼紅とかつくるんだろうなぁ。ソフビを手にいれないといけないなぁ。



案外早く、製作をあきらめたので、ギャバンについて調べてみました。
とりあえずおなじみ

 


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇宙刑事ギャバン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%88%91%E4%BA%8B%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%B3


メタルヒーローシリーズ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA


中の人および外の人「大葉健二」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%91%89%E5%81%A5%E4%BA%8C


すごいかっこいいフィギュアを扱っています。今は作っていないみたいですが写真だけでも価値があります。
アベデザインウェブサイト
http://www.ne.jp/asahi/abe/design/


とりあえずこれだけ集めました。まだまだありそうです。


それから忘れちゃいけない
「宇宙刑事魂」公式ページ
http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/ps2_uchukeiji/


購入ページ
イーエストイズ



もう、20年かぁ。小学校2年生だ(あ、年がばれた)。
再放送してくれないかなぁ。

 

titleクウガ改造中(ソフビ改造計画) 


今日は実験をしてみました。


どんな実験かというと、
スーツの素材は何がいいのか   です。

手芸屋さんに行きまして、端切れ生地を買ってきました。
買ってきた生地は、合成皮革、裏地用生地の2つ。しめて、500円。
どうせ小さいものを作りますので、端切れ程度でいいんです。
本当はここにジャージ生地も、と思っていたのですが、端切れ生地はありませんでした。
ついでに響鬼用に紫の生地もほしかったのですが、いいのがなかったのであきらめました。


で、ミシンを動かして作成。ついでに型紙をちといじって、スマートに。
それで、完成・・・。
DSCF0103.jpg
左から、合皮、裏地、使い古した傘の生地(以下傘地)。

1.縫いやすさ  合皮>傘地>裏地
2.着せやすさ  合皮>傘地=裏地
3.見た目  傘地≒裏地>合皮


スーツ作成段階では合皮に伸縮性があるので扱いやすいんですが、着せてしまうとどうしてもテカリが出てしまい、見た目がどうしても犠牲になってしまいます。


ってなわけで、今までと同じように、使い古しの傘の生地を使っていこうと思いました。


今日はクウガはまったく進めていません。いつになることやら・・・。


続きありますよ~。下のほうの[READ MORE...]からどうぞ。


記事の評価をお願いします。また、よろしければブログルポに登録してください。評価してもらえる記事件数が増えるものですから。どうぞよろしくお願いいたします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。